導入事例03株式会社 大阪螺子製作所 駐車場

『治安の為に、そして地域貢献に。』

株式会社 大阪螺子(らし)製作所
専務取締役 西田 英夫 様
総務課 係長 西村 正高 様

[設置概要]

  • 設置機種:OSK-V1
  • 設置場所:駐車場敷地内
  • 設置台数:1基
  • 設置時期:2011/2/8
  • 設置目的:節電用/エコPR用/防犯用/非常用

[導入の経緯]

Q. 御社の駐車場に「トラストワン」を導入した経緯を教えてください。
A. こんな時代だから、会社としてこれから少しでも電気代を削減していかなきゃいけない。そんな中でまず最初に電気自動車の「i-MiEV」を導入しました。実質的な節電だけでなく、環境的にも配慮しているアピールにもなりますよね。企業のイメージアップにも繋がります。
今回のソーラ―街灯については、茨木にある駐車場が設備的にも老朽化していて、入り口も暗かったので導入を考えました。以前はすぐ近くにサッポロビールの茨木工場があったのでそれなりに明るかったんですが、工場が移ってからすっかり暗くなってしまって…。今度、その敷地に立命館大学が入るらしいんですね。治安の為にも、地域貢献の意味でも、ちょうどいいかなと導入を決めました。それに震災時にも光が途切れないっていうのがなおいいかな、と。
Q. 「トラストワン」の導入の決め手は何ですか?
A. 他の製品もネットでいくつか見ましたが、他社のは若干華奢かな、という印象がありました。写真で見る限りですが。ソーラ―街灯は「震災時にも強い」ところが売りのひとつなのに、震災時に倒れたら意味がないじゃないですか。そういった意味では「トラストワン」は安心感がある形だなと思いました。基礎を深く取っていますし、仕様的にもしっかりした形になってるので、そういった安心感はあると思っています。
それに、自分で電気を貯めて5日間持つのも大きいですね。5日間もあれば、震災時にもインフラも復旧してくると思うので、いいですね。

[導入の効果]

Q. 実際に導入してみて、効果はどうですか?
A. 駐車場の入り口に設置したので、明るくなったことで防犯面ではかなり効果があるんじゃないかと思います。今後は周りが学生街になっていくという点でも、地域住民さんの通り道という点でも、いい効果ですね。
Q. 普段は、どんな効果がありますか?
A. 以前の暗い時は駐車場の中も死角になるところがあったので、明るくなったことで犯罪抑止力になってるなと思います。明るくすると、現実として犯罪が減るので、効果があるのかなと思っています。
Q. 実際に導入してみて「トラストワン」の強み・魅力は何だと思いますか?
A. 震災に強い頑丈さでしょうか。見た感じがごついのは他社製品との差別化になると思います。「本来の目的を達成するために、こういう形になってます」という説得力がありますね。工場には非常にいい形だと思います。
Q. 実際に導入してみて「トラストワン」をどんな方におすすめしたいですか?
A. 地域にとって、光があれば犯罪が減るというのは防犯面で大きいと思うので、自治体関係がまちづくりのために、犯罪が多いところや暗いところにソーラ―街灯を導入することはいいと思いますね。きっと震災の時も犯罪はあったと思うので、明るさ・光があれば、そういうのも減っていくんじゃないかなと思います。

[株式会社 大阪螺子(らし)製作所]

住所  :
大阪府枚方市招提田近1丁目8-3
業種  :
製造販売業
従業員数:
200名
敷地面積:
25,086㎡
ページトップへ